当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験、難問ができず落ち込んでいる子への適切な声がけ

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験の勉強では、難しい問題に直面して、正解できず落ち込む子どもも少なくありません。そんなとき、親としてどう声をかけてあげたらよいのでしょうか。

スポンサーリンク

まずは、子どもの落ち込んでいる気持ちをしっかりと受け止めてあげましょう。

落ち込んでいる気持ちを受け止める

「大変だったね」「悔しい気持ちだよね」といったように、子どもの気持ちを理解していることを伝えてあげましょう。

子どもは、親に理解してもらえたことで、安心感や信頼感を得ることができます。

正解できなくても努力したことを褒める

正解できなくても、努力したことを褒めてあげましょう。

「一生懸命考えたね」「最後まであきらめなかったね」といったように、努力したことを具体的に褒めてあげましょう。

子どもは、自分の努力を認めてもらえたことで、自信を取り戻すことができます。

一緒に原因を考え、対策を考える

なぜ正解できなかったのか、一緒に原因を考え、対策を考えましょう。

「間違えた問題は、どこが理解できていなかったんだろう?」「次はどうやって解けばいいかな?」といったように、子どもと一緒に考えましょう。

子どもは、親と一緒に考えることで、理解を深め、問題を解くための力を身につけることができます。

励ましの言葉をかけてあげる

「また頑張ろうね」「次はきっとできるよ」といったように、励ましの言葉をかけてあげましょう。

子どもは、親からの励ましの言葉で、やる気を維持することができます。

無理をさせないようにする

子どもが落ち込んでいるときは、無理をさせないようにしましょう。

「今日はもう休もうか」「別の勉強にしようか」といったように、子どもの様子を見ながら、無理のない範囲で勉強を進めましょう。

子どもが勉強に集中して取り組めるように、環境を整えてあげることも大切です。

まとめ

これらのポイントを押さえて、子どものやる気を伸ばす声がけを心がけましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました