当サイトのリンクには広告が含まれています。

【中学受験】やる気がない!やる気を引き出す方法

メンタルサポート
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

中学受験の勉強は、長い期間にわたって継続して取り組む必要があります。そのため、子どものやる気を維持することは非常に重要です。しかし、やる気が出ない子どもも少なくありません。

そこで、今回は中学受験の勉強にやる気が出ない子をやる気にさせる方法をご紹介します。

本題の前に我が家のオススメを1つ紹介します!

リクルートのスタディサプリ小学講座を、塾と併用する人が増えています!塾で先生に聞けなかったり、苦手なところを動画でプロ講師が1コマ15分程度で解説してくれて月額2178円(税込)※webサイト経由の受講申し込みの場合
大手のサービスなので安心して使えて、スマホアプリで学べるので追加機材も不要!

\ 月額2178円(税込) /
【公式】スタディサプリ小学講座
↑無料の資料請求・サンプル映像はこちら↑

中学受験や勉強のやる気がでない原因を探る

まずは、子どものやる気のでない原因を探ることが大切です。原因がわからないまま対処しても、効果的ではありません。

やる気のでない原因としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 学力不足
  • 志望校への不安
  • 勉強のやり方に悩んでいる
  • 周囲からのプレッシャー
  • 本当は中学受験をしたくない

原因がわかったら、それに応じた対処をしましょう。

小さな目標を立てて達成する

子どもは、大きな目標を立てると達成が難しそうで、やる気を失ってしまうことがあります。そのため、小さな目標を立てて、それを達成できるようにサポートしてあげましょう。

例えば、「1日10分勉強する」や「算数で10問解く」など、子どもでも達成しやすい目標を立ててあげましょう。目標を達成できたら、しっかりと褒めてあげることも大切です。

勉強の成果を見える化する

勉強の成果を見える化することで、子どもはモチベーションを維持しやすくなります。例えば、テストの点数や、解けるようになった問題数などを記録しておきましょう。

また、勉強の成果を家族や友達に報告してもらうことも効果的です。周囲から認められることで、子どもの自信にもつながります。

勉強を楽しくする工夫をする

勉強を楽しいと思えれば、自然とやる気が出てくるものです。そのため、勉強を楽しくする工夫をしてみましょう。

例えば、ゲーム感覚で勉強できるアプリや教材を使ったり、勉強の合間に好きなことをしたりするなど、子どもの興味や関心に合った工夫をしましょう。

親のサポートを心がける

親のサポートも、子どものやる気を引き出すために大切です。

子どもの勉強を無理に押し付けるのではなく、子どもの気持ちに寄り添いながら、サポートしてあげましょう。具体的には、以下のことに気をつけましょう。

  • 子どものペースを尊重する
  • 子どもの努力を認める
  • 子どもの話をよく聞く

タイミングを見て息抜きをする

常に勉強の事ばかり考えていると、大人でさえ参ってしまいます。タイミングを見て定期的に、できれば臨機応援にリフレッシュする機会を設けてあげましょう。

専門家の力を借りる

自分で対処してもやる気が出ない場合は、専門家の力を借りることも検討しましょう。

塾や家庭教師を活用したり、カウンセラーに相談したりすることで、子どものやる気を引き出すためのアドバイスやサポートを受けることができます。

まとめ

中学受験の勉強にやる気が出ない子は、決して少なくありません。しかし、適切な対処をすることで、やる気を取り戻すことができます。

今回ご紹介した方法を参考に、子どものやる気を引き出してあげましょう。

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

令和の中学受験では色々な情報集めがカギを握ります。その情報を知っているか否かで、親や子供の負担が大きく変わってきます。そんな情報をわかりやすくまとめた一冊が「後悔しない中学受験100」です。

Amazonで偶然レコメンドされて知ったこの本ですが、いつから塾に通うべきか、令和の中学受験の常識、合格する親子の習慣(「やる気」に頼らず勉強を習慣化)、残り5分で最後の力を振り絞る練習、緊張のコントロール方法、塾とのうまい付き合い方などなど役立つ情報がまとまっていました。他の方の感想(レビュー)もなかなか好評で私も購入。目次が本の概要になっているので目次で簡単に見返すこともできます。(Amazonでも目次が見れます!)
おすすめの一冊です。

タイトルとURLをコピーしました