当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験で使う複合機(プリンター・スキャナー)の選び方とおすすめ機種

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約7分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

今回は、中学受験で必要な複合機(プリント機能&スキャン機能)の選び方とおすすめ機種を紹介します。また、我が家は四谷大塚の通信教育進学くらぶを使用しているので、その目線でも複合機を紹介していきます。

スポンサーリンク

複合機が必要な理由

中学受験では、ネットの問題を印刷したり、教科書や過去の実施してテストをコピーして印刷する必要があります。

また進学くらぶでは、テスト(週テスト・組み分けテストなど)を受けるので、自宅で問題を受け取り、自宅で問題を解き、自宅から解答を送る必要があります。問題と回答用紙はネットからダウンロードし、子どもが手書きで問題に答えていきます。解答はネットで提出するため、複合機(プリント機能&スキャン機能)が必要になります。

また、過去に解いた問題の解き直しの時に、問題を印刷するために使用することになります。

我が家が買った複合機

ブラザー製MFC-J7100CDW。A3のスキャン機能・A3プリント・A3コピー・スマホからの操作ができ、ランニングコストも安く抑えられるのがおすすめポイントです。もちろん、他の用途(年賀状の印刷など)にも十分耐えられるスペックです。進学くらぶに関わらず、中学受験全般で活躍できる機種でしょう。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

インクはこちら

選び方

絶対に必要な機能

複合機といっても、ピンからキリまであります。プリンター単体じゃダメなの?と思うかもしれません。なので、用途と合わせて必要な機能を挙げていきます。

  • A4の印刷(プリント)機能
  • ADF(自動原稿送り装置)付きスキャン機能

進学くらぶをしている方はこの2機能があれば進められます。A3サイズは必ずしも必要ではありません!ただ、教科書ノートの見開きをコピーする時にはA3サイズが必要になります。

A4の印刷(プリント)機能

A4サイズの問題印刷をするために必要です。進学くらぶでは、アップされたテストの表紙・問題用紙・解答用紙を印刷するためだったらA4サイズで必要十分です。また、A3サイズの複合機を購入すると、本体が大きくなってしまいます。

ADF(自動原稿送り装置)付きスキャン機能

またADF(自動原稿送り装置)とは、1枚ずつガラス面に挟んで手動でスキャンするのではなく、紙をまとめてセットし自動でスキャンしてくれる機能のことです。スキャンしたデータは印刷するかpdfなどのデータとして保存ができます。複数枚の用紙をまとめてスキャンするのに便利です。

進学くらぶでは、解いたテストの回答をスキャンしてpdfファイルにして、進学くらぶのサイトにアップロードする必要があります。そのためにはスキャン機能が必要になります。A4サイズのスキャンができれば、サイトにアップロードが可能です。テストは複数枚スキャンするのがほとんどです。なのでこの機能がないと毎週辛い思いをするので必須の機能にしました。

あれば便利な機能

  • 複合機製のスマホアプリ(複合機でスキャンしたpdfが閲覧・編集できるもの)

複合機を作っているメーカーは、対応するアプリも提供していることがほとんどです。そのスマホアプリで、スキャンした情報を取得し、pdfを編集(縦横変更など)することができます。

進学くらぶでは、スマホから進学くらぶのサイトにアクセスしファイルをアップロードすれば、テストの解答の提出完了です。我が家はPCのスペックが貧弱なので、スマホから提出することがほとんどです。

メーカーの種類

大手メーカーはHP、キャノン、エプソンです。そこから少しシェアの差が開いてブラザーです。この3社、多く見て4社から選ぶのが良いでしょう。

印刷品質(画質)

インクの色数と解像度で決まります。インクの数が多ければ表現できる色の数が増えます。4色あれば事足ります

解像度とは、dpi(Dot Per Inch)という単位で表現され、どれだけ細かい表現ができるかという指標です。最近は高解像度が増えたのであまり意識しなくてよいでしょう。特に進学くらぶは文字や線を印刷する場合がほとんどですので、細かい表現が必要な写真とは違いそこまで高い解像度は必要ありません

ランニングコスト

ランニングコストは「1枚印刷するのにいくらかかるか」です。もちろん安い方が良く、大容量インクタンクはカートリッジ数十本分にも及ぶとも言われるため、ランニングコストは大幅に下がります。ただしインクタンクを搭載した複合機は本体の値段が高くなってしまいます。

おすすめ4機種

これらの情報を加味して、おすすめの4機種を紹介します!

本体価格が安い その1「ブラザー プリビオ DCP-J926N」

今回の一押し複合機(プリンタ)です。それがブラザー プリビオ DCP-J926Nです。1万円は超えますが十分安い機種で、このあと紹介するカラリオ EW-052Aよりもランニングコストは低く抑えられていて、ADF(自動原稿送り機能)もついています

メーカーブラザー
インク数4色(独立カートリッジ)
スキャン機能あり(ADF(自動原稿送り機能)あり)
プリント機能あり
印刷サイズA4サイズ
ランニングコスト(L判印刷時)23.1円
スマホ連携あり

インクはこちら

本体価格が安い その2「EPSON カラリオ EW-052A」

とにかく本体の価格を安くしたいひとはEPSONのカラリオ EW-052Aをおすすめします。1万円でおつりがたくさんくる機種です。ランニングコストはやや高いですが、互換性インクを使用すればより安くすみます。

メーカーEPSON
インク数4色(独立カートリッジ)
スキャン機能あり(ADF(自動原稿送り機能)はなし)
プリント機能あり
印刷サイズA4サイズ
ランニングコスト(L判印刷時)30.5円
スマホ連携あり
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

インクはこちら

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ランニングコストが安い「ブラザー プリビオ MFC-J4440N」

本体価格よりも、ランニングコストを安くすませたい方はブラザー プリビオ MFC-J4440Nをおめすすします。ランニングコストが今まで紹介したプリンタの半分!また、ADF(自動原稿送り機能)も付いています

メーカーブラザー
インク数4色(大容量インクカートリッジ)
スキャン機能あり(ADF(自動原稿送り機能)あり)
プリント機能あり
印刷サイズA4サイズ
ランニングコスト(L判印刷時)12.5円
スマホ連携あり

インクはこちら

多用途に活用できる「CANON PIXUS TS6730」

家で進学くらぶ以外にも別用途で印刷する場合は、CANON PIXUS TS6730をおすすめします。ランニングコストは高めではありますが、ADF(自動原稿送り機能)があり、写真など多用途に利用可能です。高速印刷も行えます。今まで家にあったプリンタを置き換えたい方にはオススメの機種です。

メーカーCANON
インク数4色(大容量インクカートリッジ)
スキャン機能あり(ADF(自動原稿送り機能)あり)
プリント機能あり
印刷サイズA4サイズ
ランニングコスト(L判印刷時)29.0円
スマホ連携あり

インクはこちら

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

複合機代を安く済ませたい、また買わないという選択肢

家のスペース的に、どうしても複合機を買いたくない、買えないという人や、お金がもったいないので複合機代を節約したいという人もいるかもしれません。そういった人には、複合機を購入せずにテストを提出する方法があるのでご紹介します。

  • コンビニで印刷する
  • スマホでスキャンする

コンビニで印刷する

最近はコンビニの複合機で印刷をすることができます。

セブンイレブンだとネットプリント。ローソン・ファミリーマートだとネットワークプリントを使って印刷することができます。A4サイズ白黒で、1枚20円程度です。進学くらぶのテスト4科目分で20枚近く印刷することになりますので、1回のテストで約500円ほどかかると思っておいたほうがいいでしょう。

スマホでスキャンする

スマホでスキャン代わりに写真を撮ったりすることで、今後印刷して再度問題を解き直したりすることができます。

進学くらぶのサイトにはテストは「複合機・スキャナを利用してWEBから提出してください。」と書いてあるのでオフィシャル的にはNGです。しかし最近のスマホは画質が良くスキャナー代わりも担えてしまうのが現状です。繰り返しですが、オフィシャルにはNGですので、使用することはおすすめしませんが、我が家の複合機が壊れた時、スマホに緊急登板してもらいなんとかテストを採点してもらえたことは別記事にまとめたいと思います。

まとめ

以上、中学受験&進学くらぶで必要な複合機の選び方とおすすめ機種を紹介しました!

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました