当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験で活躍!シャーペンの芯の濃さ・太さの選び方とおすすめ3選

買ってよかったシリーズ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験では、長時間の勉強やマークシートの記入など、シャーペンの芯を頻繁に使う機会があります。そのため、芯の書きやすさや折れにくさなど、使い勝手の良いものを選ぶことが大切です。

そこで今回は、中学受験勉強におすすめのシャーペンの芯の濃さ・太さの選び方とおすすめの芯を5つご紹介します。

芯の太さ

芯の太さは、0.3mm、0.4mm、0.5mm、0.7mm、0.9mmと、さまざまな種類があります。

0.5mmがスタンダードですが、細かい文字を書く場合は0.3mmや0.4mmがおすすめですが、折れやすいというデメリットもあります。

0.7mmや0.9mmは、文字が書きやすく折れにくいというメリットがありますが、太いため、マークシートの記入には向いていません。

芯の濃さ(硬さ)

芯の硬さは、HB、B、2B、3Bと、さまざまな種類があります。

中学受験勉強では、HBがスタンダードです。濃く鮮明に写るのが特徴です。

Bや2Bは、さらに濃く写りますが、消しゴムで消す際に少し残りやすいというデメリットがあります。

3Bは、さらに濃く写りますが、消しゴムで消す際にかなり残りやすいというデメリットがあります。

おすすめのシャーペンの芯 3選

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤ 0.5mm

三菱鉛筆 ユニ ナノダイヤは、書き心地の滑らかさと濃さの両立が魅力の芯です。

アマゾンのレビューでは、以下のような高評価の声が寄せられています。

細かい文字も書きやすい。

濃く鮮明に写る。

折れにくい。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

トンボ鉛筆 シャープペン芯 MONO モノグラフMG 0.5 B 3個 ECG-320

トンボ鉛筆のシャープペン芯「MONO モノグラフMG」の0.5mm Bです。

特徴は、見た目的なものは、消しゴムで見覚えのあるMONOのデザインであること(かわいい)。機能的な面ではなめらかな書き心地と紙面にしっかりと定着し折れにくいこと。

また、amazonのレビューでは以下のようなコメントがよく書かれていました。

  • なめらかで文字がきれいに書ける
  • 消しても汚れにくい
  • 安心して使える
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

ぺんてる シャープペン芯 アイン シュタイン HB 0.5mm

折れるのはシャーペンや書き方だけの問題ではありません。大事なのは芯そのものです。良い芯じゃないと、良いシャーペンも台無しになりかねません

アイン シュタイン HB のシャーペン芯は、独自の「テクノロジーシュタイン」構造という、芯の内部にフレームを作ることで折れにくくなっていて、なおかつ摩擦の軽減もするのでなめらかな書き心地が実現しています。

ケースも蓋が360度回転して開けられるので、試験中など焦るような場面でも簡単に開けることができます。

また、手や紙の接触に強いため擦れても文字がかすみにくく、鮮明に書くことができる優れもの!ひとつ前に紹介したパイロット-ドクターグリップ エースアイン シュタイン HBを組み合わせて使うことで最強コンビ爆誕です!

amazonでは以下のようなレビューがありました。

シャープペンの芯を100均で買ったが、すぐに折れるので買い直してたら全然違うので驚いた。
スムーズに書けるし、これは価値ある商品だと感じた。

いつもよく筆圧で芯を折ってましたが、丈夫で筆圧が強くても書きやすくて折れにくいので愛用しています。

安心安定のアインシュタインです

ほかのレビューはこちらから見れます。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

まとめ

シャーペンの芯は、硬さ・太さに加えて、メーカー独自の機能が盛り込まれていて、意外と奥深いです。また、書き心地やけし心地にも影響があるので勉強時のタイムロスやイライラなどの防止にもなります。

自身にあったシャーペンの芯をぜひ見つけてみてください。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました