当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験で親がイライラしないための5つの魔法

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約5分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

中学受験は、子供にとっても親にとっても、大きなプレッシャーがかかるものです。勉強の進捗や志望校合格への不安から、ついイライラしてしまうことも多いでしょう。しかし、イライラは子供のやる気を下げ、親子関係を悪化させる悪循環を生んでしまいます。

そこで今回は、中学受験で親がイライラしないための5つの魔法を紹介します。

スポンサーリンク

1. 期待しすぎない:子供の成長に寄り添う

中学受験は、子供の能力や努力はもちろん、運も大きく左右するものです。志望校に合格できなかったとしても、それが子供の価値を下げるものではありません。まずは、子供の努力を認め、結果よりも過程を重視することが大切です。

魔法の言葉💕

  • 「今日は〇〇のテストで頑張ったね! よくできたね!」
  • 「△△の算数は苦手だったのに、今日は解けたんだね! すごい!」
  • 「国語の作文、とても上手に書けていたよ。内容もよく考えられていたね。」

魔法の行動

  • 子供の勉強ノートやテスト結果を見せてもらい、頑張ったところを具体的に褒めてあげる。
  • 勉強以外の活動でも、子供の努力や成長を認めてあげる。
  • 子供が落ち込んだときは、無理に励ますのではなく、ただ話を聞いてあげる。

例:

  • 子供が志望校の模試で思うような結果が出せなかったとき、「まだ大丈夫! 次はもっと良い結果を出せるように一緒に頑張ろうね!」と声をかけてあげましょう。
  • 子供が勉強に集中できずにいるときは、「ちょっと休憩しようか? 好きなことをしてリフレッシュしようね。」と声をかけ、一緒に散歩やゲームなどをしてあげましょう。

2. 子供のペースに合わせる:無理強いは禁物

子供にはそれぞれ、学習速度や理解力、集中力などが異なります。親が焦ったり、無理に勉強させようとしたりしても、逆効果です。子供のペースに合わせて、じっくりと学習を進めることが大切です。

魔法の言葉💕

  • 「今日は〇〇の勉強、頑張れたかな? 何か難しいところはあった?」
  • 「ゆっくりでいいんだよ。分からないところがあれば、いつでも聞いてね。」
  • 「勉強ばかりじゃ疲れるよね。たまには休憩しよう。」

魔法の行動:

  • 子供の勉強スケジュールを一緒に立て、無理のない計画にする。
  • 子供の理解度に合わせて、学習内容や方法を調整する。
  • 集中力が途切れたときは、休憩を促したり、気分転換できるようなことを提案したりする。

例:

  • 子供が算数の問題でつまづいているときは、一緒に問題を解いたり、解説動画を見せたりして理解を深めてあげましょう。
  • 子供が勉強机に向かいにくいときは、静かな場所で勉強できるように環境を整えてあげましょう。

3. 比べない:子供の個性を尊重する

人と比べることは、子供の自信を奪い、劣等感を与えるだけです。子供の成長を、他の子供ではなく、過去の自分自身と比べて褒めてあげましょう。

魔法の言葉💕

  • 「〇〇さんすごいね! でも、あなたも〇〇が得意だよね!」
  • 「△△さんの方が良い点数が取れたとしても、あなたはあなたなりに頑張っているんだよ。」
  • 「比べる相手は他人ではなく、昨日の自分だよ。昨日の自分より成長できていれば、それで十分だよ。」

魔法の行動:

  • 子供の友達やライバルと比べないように意識する。
  • 子供の個性や強みを認め、伸ばしてあげる。
  • 子供の努力や成長を、具体的に褒めてあげる。

例:

  • 模試でクラスメイトより良い点数を取ったときは、「すごいね! 〇〇の勉強、頑張ったね! 次回も頑張ってね!」と声をかけてあげましょう。
  • 苦手な科目で少しだけ点数が上がったときは、「△△のテスト、少し点数が上がったね! よく頑張ったね!」と声をかけてあげましょう。

4. 休息をしっかりとる:心身のリフレッシュを図る

勉強ばかりでは、子供も親も疲れてしまいます。適度に休息を取ることで、心身のリフレッシュを図り、集中力を高めることができます。家族で一緒に遊んだり、趣味を楽しんだりする時間も大切です。

魔法の言葉💕

  • 「今日は勉強お疲れ様! ちょっと休憩しようか? 何がしたい?」
  • 「週末は、家族でどこか遊びに行こうよ!」
  • 「一緒に運動したり、映画を見たりしてリフレッシュしよう!」

魔法の行動:

  • 勉強時間を決め、メリハリのある生活を送る。
  • 趣味や運動など、勉強以外の活動の時間を確保する。
  • 家族で一緒に食事をしたり、話をしたりする時間を大切にする。

例:

  • 子供が長時間勉強机に向かっているときは、「ちょっと休憩しようか? 気分転換に一緒にストレッチしようよ。」と声をかけてあげましょう。
  • 週末は、家族で公園に出かけたり、映画を見に行ったりして、一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

5. 夫婦で協力する:ワンオペはNG

中学受験は、子供にとっても親にとっても、大きな負担がかかります。夫婦で協力して、子供のサポートをしてあげましょう。役割分担をしたり、互いに息抜きできる時間を設けたりすることが大切です。

家族への魔法の言葉💕

  • 「今日は私が夕食を作るね。あなたは子供と勉強を見ていて。」(その逆もあり)
  • 「週末は、私が子供と遊んでいる間に、あなたはゆっくり休んでね。」
  • 「お互いに協力して、子供の受験を乗り切ろうね。」

魔法の行動:

  • 子供の勉強スケジュールや学習内容について、夫婦で共有する。
  • 子供の褒め言葉や叱る点を、夫婦で統一する。
  • 子供の受験に関する不安や悩みを、夫婦で話し合う。

例:

  • 子供が勉強で行き詰まっているときは、夫婦で一緒に原因を探り、解決策を話し合いましょう。
  • 子供が志望校合格に不安を感じているときは、夫婦で励ましの言葉をかけ、自信を持たせてあげましょう。

まとめ

中学受験は、子供にとっても親にとっても、大きな挑戦です。しかし、今回紹介した5つの魔法を意識することで、イライラを減らし、親子で協力して受験を乗り切ることができます。

大切なのは、子供を信じて、子供のペースに合わせてサポートすることです。 子供の努力を認め、褒めてあげることで、子供の自信を高め、やる気を引き出すことができます。

中学受験は、親子にとって一生の思い出となる貴重な経験です。ぜひ、今回の記事を参考に、親子で協力して、素敵な思い出を作ってください。

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

タイトルとURLをコピーしました