当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験成功の鍵!小学6年生の年間スケジュールと勉強計画

勉強サポート
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

中学受験に成功するためには、小学6年生の年間スケジュールと勉強計画をしっかりと立てることが重要です。効率的なスケジュール管理で学習の質を高め、ストレスを軽減し、万全な状態で試験に望めるようにしましょう。

小学6年生は中学受験準備の最終段階です。この時期に計画的なスケジュールを作成することで、学習のペースを整え、無理のない範囲で受験対策を進めることができます。計画的な学習は、知識の定着を促進し、試験本番でのパフォーマンス向上に繋がります。

4月〜6月: 基礎の確認と応用力強化

この時期は5年生で学んだ基礎を再確認し、応用問題に取り組むことで実践力を養います。

4月

  • ポイント: 新学年のスタートにあたり、前年の復習を行います。新たな学習習慣を確立し、計画的に学習を進めます。
  • 気をつけるべきこと: 基礎の再確認をしっかりと行い、新しい学習内容にスムーズに入れるようにします。

5月

  • ポイント: 応用問題に取り組み始め、実践力を高めます。特に苦手分野を重点的に補強しましょう。
  • 気をつけるべきこと: 定期的に模試を受け、結果を分析して学習計画に反映させます。

6月

  • ポイント: 各科目の応用問題を解きながら、知識の定着度を確認します。模試の結果を元に、弱点を補強する計画を立てます。
  • 気をつけるべきこと: 応用問題に取り組む際に、理解が不十分な部分を見逃さないようにします。

7月〜9月: 夏休みを活用して徹底的な学習

この時期は夏休みを活用して集中的に学習します。模試を積極的に受け、結果を元に弱点を把握して補強します。

7月

  • ポイント: 応用問題・過去問題・模試に取り組む時間を増やし、実践力を高めます。特に苦手科目を重点的に学習しましょう。
  • 気をつけるべきこと: 長時間の学習が続くため、休憩をしっかりと取り、子どもの体調管理に注意します。

8月

  • ポイント: 集中的な学習期間として、弱点補強と応用力強化に努めます。模試を本番形式で実施し、時間配分の練習を行います。
  • 気をつけるべきこと: 学習と休息のバランスを保ち、子どもが疲れすぎないように配慮します。

9月

  • ポイント: 学校が再開するため、学校の課題と受験勉強の両立を図ります。時間管理をしっかりと行い、無理のないスケジュールを組みましょう。
  • 気をつけるべきこと: 学校生活とのバランスを取り、学習に集中できる環境を整えます。

10月〜12月: 総復習と実践期

過去問題を徹底的に解き、間違えた問題を重点的に復習します。また、時間配分の練習を行い、本番に備えます。

10月

  • ポイント: 過去問題を中心に行い、実際の試験形式に慣れさせます。模試の結果を分析し、個々の弱点を補強します。
  • 気をつけるべきこと: 過去問題を解くペースを保ちつつ、精神的なプレッシャーを感じさせないようにします。

11月

  • ポイント: さらに過去問題を解きながら、時間配分の練習を行います。試験当日の流れに慣れるために、模試を本番形式で実施します。
  • 気をつけるべきこと: 子どものモチベーションを維持し、学習に対する自信を持たせるようにサポートします。

12月

  • ポイント: 総復習とともに、最後の仕上げを行います。これまでの学習内容を振り返り、確実に理解していることを確認します。
  • 気をつけるべきこと: 学習の最終段階であるため、無理をせず、健康管理を最優先に考えます。

1月〜3月: 総仕上げ

この時期は復習と弱点補強に集中します。健康管理にも注意を払い、万全の体調で試験に臨みましょう。

1月

  • ポイント: 重要問題の再復習を行い、知識の定着を確認します。また、直前模試を受けて最終確認をします。
  • 気をつけるべきこと: 焦らずに落ち着いて学習を進め、体調管理を徹底します。

2月

  • ポイント: 試験の期間です。
  • 気をつけるべきこと: メンタルケアを重視し、子どもがリラックスできる環境を整えます。自信をなくすような問題や、親の発言は控えましょう。

3月

  • ポイント: 試験が終わったら、次のステップに向けての準備を始めます。中学進学に向けての心構えや、新しい環境への適応をサポートします。
  • 気をつけるべきこと: 試験後の子どものケアをしっかりと行い、次のステージへの移行をスムーズにします。

まとめ

計画的なスケジュールを作成し、実行することで、小学6年生の中学受験準備はスムーズに進みます。家庭全体でスケジュールを共有し、無理のない範囲で継続的に学習を進めることが成功への鍵です。親が子どものサポートをしっかりと行い、バランスの取れた学習と休息の時間を確保することが重要です。

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

私は勉強後の机の消しカスの処理が地味に面倒で苦痛でした。

調べてみると卓上掃除機なるジャンルがありました。机の上の消しカスを吸引する機械です。卓上のルンバのような見た目です(見た目だけ)。

ソニックコードレス卓上そうじ機LV-1845-Iが人気だったので早速購入してみると、軽くて使い方も簡単!音も鉛筆削りよりも小さい音で机がキレイになり、勉強の最後にストレス解消ができるという副産物も!超オススメです。

どれくらいオススメかというと、さほど消しゴムを使わない祖父母までもが、なぜかソニックコードレス卓上掃除機を欲しがるレベルでした!笑 他の方の感想はこちら

タイトルとURLをコピーしました