当サイトのリンクには広告が含まれています。

照明や色彩は?中学受験、集中力を高める部屋環境

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約4分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

小学生は好奇心旺盛で、周囲の環境に影響を受けやすいです。そのため、集中できる部屋を作ることは、学習効率を高めるために重要です。

ここでは、小学生の集中力が高まる部屋の作り方について紹介します。

スポンサーリンク

1. 色彩

壁や床、家具の色は、集中力に影響を与えると言われています。青や緑などの寒色は、心を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。一方、赤や黄色などの暖色は、興奮状態を高め、集中力を妨げる可能性があります。

  • 青色: 心を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。壁全体を青色にするのは圧迫感を与える可能性があるため、ワンポイントとして取り入れるのがおすすめです。
  • 緑色: リラックス効果があり、集中力を維持するのに役立ちます。机や椅子の色として取り入れるのが効果的です。
  • 黄色: 注意力を高める効果がありますが、興奮状態を高め、集中力を妨げる可能性もあります。小範囲に使用するのがおすすめです。

2. 照明

部屋の照明は、明るすぎず暗すぎない最適な明るさに調整する必要があります。また、光の反射や影を考慮し、机の上は均一に照らすようにしましょう。

  • 明るさの目安: 昼間の自然光に近い明るさ、500~700ルクスが理想です。
  • 光源: 蛍光灯はちらつきがあり、目に負担をかけるため、LED照明がおすすめです。
  • 反射: 光沢のあるものは避け、反射を抑えるマットな素材のものを選びましょう。

3. 整理整頓

散らかった部屋は、集中力を妨げる要因となります。机の上は必要なものだけを置き、床にものは置かないようにしましょう。

  • 収納: 引き出しやファイルボックスなどを活用し、必要なものをすぐに取り出せるように整理整頓しましょう。
  • ラベル: 収納場所にラベルを貼ると、どこに何があるか分かりやすく、探し物を減らすことができます。
  • 定期的な整理整頓: 不要なものは定期的に処分し、部屋を清潔な状態に保ちましょう。

4. 音環境

静かな環境は、集中力を高めるために重要です。テレビや音楽などの音は、できるだけ消しましょう。

  • 防音対策: カーテンやラグなど、音を吸収する素材のものを活用しましょう。
  • 耳栓: 周囲の音が気になる場合は、耳栓を使用するのも効果的です。
  • ホワイトノイズ: 集中力を高める効果があると言われています。音楽ストリーミングサービスなどで「ホワイトノイズ」と検索して、試してみるのも良いでしょう。

5. 家具

机と椅子の高さは、子供の体格に合ったものを選びましょう。また、机は広すぎず狭すぎない、適度な大きさのものを選びましょう。

  • 机の高さ: 肘が机に90度になる高さ
  • 椅子の高さ: 足が床にしっかりとつき、背筋が伸びる高さ
  • 椅子の背もたれ: 背骨を支え、正しい姿勢を維持できるものを選ぶ

6. 植物

観葉植物は、部屋の雰囲気を落ち着かせ、集中力を高める効果があります。

  • パキラ: 空気を浄化し、リラックス効果がある
  • サンスベリア: 強い生命力があり、手入れが簡単
  • アロエベラ: 空気を浄化し、リラックス効果がある

7. 掲示物

目標とする学校のポスターや、好きなキャラクターのイラストなどを掲示するのも効果的です。

  • 目標の見える化: 目標とする学校や偏差値を書き出し、目につく場所に掲示する
  • 好きなキャラクター: 好きなキャラクターのイラストなどを掲示することで、学習へのモチベーションを高める

8. 時間管理

勉強時間を決めて、タイマーを使って管理しましょう。

  • ポモドーロテクニック: 25分間集中して勉強し、5分間の休憩を取る学習法
  • タイマー: 時間を意識することで、集中力を持続しやすくなる

9. 休憩

集中力が途切れたら、適度に休憩を取るようにしましょう。

  • 軽い運動: 軽く体を動かすことで、血行が促進され、集中力が高まります。
  • 水分補給: 水分不足は集中力の低下につながります。こまめに水分補給をしましょう。
  • ストレッチ: 体を伸ばすことで、緊張がほぐれ、リラックスできます。
  • 目を休める: 20分に1回程度、20秒間遠くを見るようにしましょう。

10. 睡眠

睡眠不足は集中力低下の一番の原因です。十分な睡眠時間を確保しましょう。

11. 親子で協力

部屋作りは、子供と親が協力して行うことが大切です。子供の意見を取り入れながら、子供にとって居心地の良い空間を作りましょう。

  • 学習計画の作成: 子供と一緒に学習計画を作成し、目標設定をサポートしましょう。
  • 学習環境の整備: 集中できる環境を整え、必要なものを用意しましょう。
  • 励まし: 子供の努力を認め、励ましの言葉をかけるようにしましょう。

まとめ

小学生の集中力が高まる部屋を作るには、色彩、照明、整理整頓、音環境、家具、植物、掲示物、時間管理、休憩、親子で協力といったポイントを意識することが大切です。

また、部屋作りだけでなく、睡眠や食事など、生活習慣全体を見直すことも大切です。

これらのポイントを参考に、お子さんに合った部屋を作って、学習効率を高めましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました