当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験塾大手 四谷大塚の通信教育「進学くらぶ」とは

スポンサーリンク
進学くらぶ
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

進学くらぶで中学受験をするにあたり、申込みをしてからわかったこともありました。今回は進学くらぶの大まかな概要をお伝えします。詳細についてはそれぞれ別記事にまとめていますので、そちらをご覧ください。

スポンサーリンク

進学くらぶとは

まず「進学くらぶ」とは、四谷大塚が運営する通信教育です。小学4・5・6年生が対象です。ちなみに小学1・2・3年生対象には「リトルくらぶ」というものもあります。通信教育なので、自宅で教材と共に配信される動画を見ながら学んでいくスタイルです。

2つのコース

進学くらぶには2つコースがあります。「中学受験コース」と「学力向上コース」です。「中学受験コース」は名前の通り中学受験を目指すためのコースで、学力向上コースは、中学受験をすることは決まっていないけれど、中学受験を決めた時や今後の高校受験や大学受験に備えて、今のうちから思考力や論理力を伸ばすためのコースです。

教材・テキスト

四谷大塚の校舎で使用している教材を購入して使うことになります。

進学くらぶのテキスト教材の種類は?予習シリーズなど一覧表で全紹介
進学くらぶを始めるにあたって、どんなテキストがあるのか把握したうえで何を買うか決めたいですよね。今回は学年別・教科別にどういったものがあるのか一覧表にしてみましたので紹介していきます。 教材・テキストの購入 テキストは四谷大塚のサイトで販売...

通信教育の内容

先ほど紹介したテキストを使用して、配信される動画を自宅で見て勉強を進めます。週末や月末にはテストがあります。学びを進めるために、サイト上には色々な機能があります。

配信される授業動画のサンプルも多数YouTubeに公開されています。

料金・費用・月謝

塾に通塾するよりもずっと安く済みます。夏期講習等も含めて、教材は年間5万円以下サービス利用料(動画配信等)の料金は20万円以下。ですので4年生から受験を始めたとしても3年間で100万円以下も夢ではありません

必要なもの

動画を再生するための機器(スマホ・タブレット・PCのいずれか)は必須です。

ただ、スマホやタブレットだと画面が小さく見えづらくが悪くなりがちですので、モニターを購入したり、テストを印刷&提出するための複合機(プリンタ&スキャナー)も購入した方が良いでしょう。

レベル(クラス)の種類

レベル(クラス)は4種類あります。そして、組み分けテストの結果に連動してレベル(クラス)分けがあります

レベル(クラス)が高い順に、S,C,B,Aの4つに分かれています。このレベル分けが何に影響があるかというと、テストの内容と受ける動画の内容が変わってきます。

テストの種類

大きく2種類のテストがあります。1週間学んだ内容を確認するための週テスト、1か月間学んだ内容を確認するためのテストが組み分けテストがあります。

週テスト・組分けテストを受けないとどうなる?提出期限・結果はいつ?
進学くらぶで中学受験をするにあたり、申込みをしてからわかったこともありました。週テストや組み分けテストの詳細など。今回はこのテストについてまとめていきます。この記事の内容は全て中学受験コースでのお話です。 テストの種類 週テスト 週テストは...

まとめ

子供の性格と、進学くらぶの進め方がマッチすれば、かなり魅力的な学習方法かと思います!

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

タイトルとURLをコピーしました