当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験の通信教育、進学くらぶとZ会を徹底比較!

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験を控えたお子様を持つご家庭にとって、通信教育は重要な選択肢の一つです。通信教育は、塾に通わなくても自宅で効率的に学習を進めることができるため、近年ますます人気が高まっています。

今回は、中学受験に特化した通信教育の代表格である、進学くらぶとZ会を徹底比較します。難易度を含めて、それぞれの特徴やメリット・デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

進学くらぶの特徴

進学くらぶは、四谷大塚が運営する中学受験専門の通信教育です。3年生から6年生までを対象に、難関校合格を目指すカリキュラムを提供しています。

進学くらぶの特徴は、以下のとおりです。

  • 四谷大塚の豊富な指導ノウハウを活かしたカリキュラム
  • 厳選された講師陣による解説授業
  • 充実した問題演習
  • 保護者向けのサポート

進学くらぶのカリキュラムは、四谷大塚の予習シリーズをベースに構築されています。予習シリーズは、難関校合格を目指す生徒向けに開発された教材で、その質の高さは折り紙付きです。

解説授業は、講師陣が板書をしながら解説する形式で、わかりやすいと定評があります。また、問題演習も豊富に用意されており、実践力を養うことができます。

保護者向けのサポートも充実しており、学習の進捗状況や悩みなどについて、いつでも相談することができます。

Z会の特徴

Z会は、中学受験から大学受験まで幅広い学習をサポートする通信教育です。中学受験コースは、3年生から6年生までを対象に、難関校合格を目指すカリキュラムを提供しています。

Z会の特徴は、以下のとおりです。

  • 基礎から応用までをバランスよく学べるカリキュラム
  • わかりやすい解説授業
  • 豊富な問題演習
  • AIによる学習サポート

Z会のカリキュラムは、基礎から応用までをバランスよく学べるよう設計されています。また、解説授業は、わかりやすいと定評があり、一人でも学習を進めやすいのが特徴です。

問題演習も豊富に用意されており、実践力を養うことができます。また、AIによる学習サポートも提供されており、一人ひとりの学習状況に合わせた学習を進めることができます。

今 Z会で資料請求すると、お試し教材 または教材見本、受験に役に立つ小冊子をプレゼント中!

難易度の比較

進学くらぶとZ会は、どちらも難関校合格を目指すカリキュラムを提供していますが、難易度には若干の違いがあります。

進学くらぶは、予習シリーズをベースにカリキュラムを構築しているため、難関校合格を目指す生徒にとっては、やや難易度が高いと言えます。

一方、Z会は、基礎から応用までをバランスよく学べるカリキュラムを採用しているため、難易度は比較的易しめです。

どちらがおすすめ?

進学くらぶとZ会、どちらがおすすめかは、お子様の学力や志望校によって異なります。

難関校合格を目指す生徒で、基礎学力がしっかりと身についている場合は、進学くらぶがおすすめです。予習シリーズの質の高い指導で、難関校合格に向けて着実に学力を伸ばすことができます。

基礎学力がまだ十分ではない生徒や、難関校以外の学校を志望している場合は、Z会がおすすめです。Z会の基礎から応用までをバランスよく学べるカリキュラムで、着実に学力を伸ばすことができます。

また、親のサポートが十分にできる場合は、進学くらぶがおすすめです。進学くらぶは、解説授業はあっても、保護者のサポートが必須です。

親のサポートが十分にできない場合は、Z会がおすすめです。Z会は、AIによる学習サポートも提供されており、一人でも学習を進めやすいのが特徴です。

まとめ

進学くらぶとZ会は、どちらも中学受験に特化した通信教育の代表格です。それぞれの特徴や難易度を理解した上で、お子様に最適な通信教育を選びましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました