当サイトのリンクには広告が含まれています。

進学くらぶの料金・費用は?コスパ最強中学受験も夢じゃない!?

スポンサーリンク
進学くらぶ
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

進学くらぶで中学受験をするにあたり、申込みをしてからわかったこともありました。今回は費用の詳細についてまとめていきます。

スポンサーリンク

学年別の料金・費用

費用は学年によって異なります。税込み料金で一覧表にしてみました。

学年年間一括払い毎月払い(月謝)
4年生155,760円
(12,980円/月)
14,080円
5年生182,160円
(15,180円/月)
16,500円
6年生195,360円
(16,280円/月)
17,710円

料金・費用の内訳

進学くらぶに必要な費用は、入会金+高速基礎マスター+受講費+教材費です。受講費は、動画の配信など各種サービスを受けるために必ず必要となる費用です。

入会金

11,000円です。

高速基礎マスター利用料

19,700円です。これはウェブ上で計算や漢字の問題を解ける機能になります。この機能が不要という人でも、この利用料は必ず払う必要があります

受講費

受講費は4年生だと、毎月12,800円です。年間一括払いだと月割りで11,800円になります。5年生は一括払いで毎月13,800円。6年生は一括払いで14,800円になります。

あと、春期講習・夏期講習・冬期講習も含まれています。(講習の教材費も!)

テストは、週テスト・志望校判定テスト・組分けテスト・講習会判定テストが含まれています。(学年によって受けれる回数は異なります)

教材費

実は教材は購入必須ではありません。しかし、実際は教材に沿って動画が進むので教材はほぼ必須という現状です。解く問題は動画に映し出されますが、全ての問題が満足に表示されるかどうかは進行する先生次第といったところです。

その他の費用

当然ながら進学くらぶの費用だけで受験はできず、パソコン・シャーペン・ノートやらも費用になってきます。特に買ってよかった良かったものをまとめてみました。

我が家の場合(4年生の時)

我が家の教材費は、4年生の予習ナビ(テキスト)+演習問題集の4科目分を購入して約3万円でした。

他にも副教材があり、1冊1000-2000円程度。学年が上がるごとに副教材の数は増えていきますが、1学年あたり5-10冊程度です。

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

タイトルとURLをコピーしました