当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験の費用はいくら?塾や受験料、入学後など内訳を解説

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験を検討している家庭にとって、気になるのが費用面ではないでしょうか。中学受験には、塾代や受験料、入学後の学費など、さまざまな費用がかかります。

そこで、今回は中学受験でかかる費用の内訳と、その相場について解説します。

スポンサーリンク

中学受験の費用の内訳

中学受験でかかる費用は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 塾代
  • 受験料
  • 入学後

塾代

中学受験を成功させるためには、塾に通うのが一般的です。塾代は、塾の種類やコースによって異なりますが、年間で100万円以上かかることも珍しくありません。

小4から塾に通い始める場合、3年間で約200万円かかるのが相場です。

受験料

中学受験では、複数の学校を受験するのが一般的です。そのため、受験料もまとまった額が必要になります。

私立中学校の受験料は、1校あたり2万~3万円程度が相場です。平均出願校数は4.89校なので、受験料で10万~15万円ほどかかることになります。

国立中学校の受験料は、1校あたり5千円程度です。

入学後

中学受験で合格した後は、入学後の学費や諸費用がかかります。

私立中学校の年間学費は、約107万円です。入学金や施設費などの諸費用も含めると、年間で130万円程度かかるのが相場です。

公立中学校の場合は、学費は無料です。ただし、部活動や課外活動などの費用がかかる場合もあります。

中学受験の費用の相場

中学受験でかかる費用の総額は、以下のようになります。

  • 塾代:200万円
  • 受験料:10万~15万円
  • 入学後:130万円

合計:約340~365万円

ただし、これはあくまでも相場であり、実際の費用は家庭の状況や選択する塾や学校によって異なります。

中学受験の費用を節約する方法

中学受験の費用は、決して安くはありません。そのため、節約する方法を考えることも大切です。

以下に、中学受験の費用を節約する方法の例をいくつか挙げます。

早めに塾に入塾する

早めに塾に入塾すれば、長い期間で学習を積み重ねることができるため、塾代を抑えることができます。

公立中高一貫校を検討する

公立中高一貫校は、入学後も学費が無料です。そのため、中学受験の費用を大幅に抑えることができます。

  • 奨学金や助成金の利用を検討する

中学受験の費用を助けるための奨学金や助成金制度があります。条件を満たせば、利用できる可能性があります。

まとめ

中学受験の費用は、塾代や受験料、入学後など、さまざまな費用がかかります。

中学受験を検討している家庭は、早めに費用を把握し、節約できる方法を検討しておきましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました