当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験の平均総額は?塾代や受験料、入学後など費用の内訳

費用・学費
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました!うちの子に必要だったもの不要だったものに関わらず、調べたことをつらつらと書いていきます。

中学受験を検討している家庭にとって、気になるのが費用面ではないでしょうか。中学受験には、塾代や受験料、入学後の学費など、さまざまな費用がかかります。

そこで、今回は中学受験でかかる費用の内訳と、その相場について解説します。

本題の前に我が家のオススメを1つ紹介します!

今、Z会で資料請求をすると、保護者の心にとめておくべきこと、さらに、日常の中にこそ潜む「合格に直結する」ヒントを、1冊の小冊子にまとめた「最難関中学をめざすなら知っておくべき7つの極意」を無料でプレゼントしています。筑駒・開成・麻布・灘・桜蔭・女子学院の入試出題傾向と必勝対策も掲載しています。最難関中学を目指さなくても必読の内容となっています!

\8/31(土)までの期間限定冊子付
↑申し込み・詳しい内容はこのリンクから↑

中学受験の費用の内訳

中学受験でかかる費用は、大きく分けて以下の3つに分けられます。

  • 塾代
  • 受験料
  • 入学金等学費

塾の平均費用

中学受験を成功させるためには、塾に通うのが一般的です。塾代は、塾の種類やコースによって異なりますが、年間で平均100万円以上かかることも珍しくありません

小4から塾に通い始める場合、3年間で平均約200万円かかるのが相場です。

受験料

中学受験では、複数の学校を受験するのが一般的です。そのため、受験料もまとまった額が必要になります。

私立中学校の受験料は、1校あたり2万~3万円程度が相場です。平均出願校数は4.89校なので、受験料で10万~15万円ほどかかることになります。

国立中学校の受験料は、1校あたり5千円程度です。

入学金等学費

中学受験で合格した後は、入学後の学費や諸費用がかかります。

私立中学校の初年度の入学金等学費は、約100万円で2年目以降は入学金や施設費がなくなります。私立中学の学費については別の記事で解説しています。

公立中学校の場合は、学費は無料です。ただし、部活動や課外活動などの費用がかかる場合もあります。

中学受験の総額費用の相場

中学受験でかかる費用の総額は、以下のようになります。

  • 塾代:200万円
  • 受験料:10万~15万円
  • 入学後:130万円

合計:約340~365万円

ただし、これはあくまでも相場であり、実際の費用は家庭の状況や選択する塾や学校によって異なります。

中学受験の費用を節約する方法

中学受験の費用は、決して安くはありません。そのため、節約する方法を考えることも大切です。

以下に、中学受験の費用を節約する方法の例をいくつか挙げます。

通信教育を受ける

塾ではなく、中学受験用の通信教育を受けることで大幅に費用負担を軽減することができます。主にZ会や四谷大塚が運営する進学くらぶが有名です。詳細は別の記事で紹介しています。

助成金を活用する

住んでいる地域によっては助成金を活用できます。東京都の助成金の制度については別の記事で解説しています。

公立中高一貫校を検討する

公立中高一貫校は、入学後も学費がかなり安く、費用を大幅に抑えることができます。

まとめ

中学受験の費用は、塾代や受験料、入学後など、さまざまな費用がかかります。中学受験を検討している家庭は、早めに費用を把握し、節約できる方法を検討しておきましょう。

お読みいただきありがとうございました!

最後に、

令和の中学受験では色々な情報集めがカギを握ります。その情報を知っているか否かで、親や子供の負担が大きく変わってきます。そんな情報をわかりやすくまとめた一冊が「後悔しない中学受験100」です。

Amazonで偶然レコメンドされて知ったこの本ですが、いつから塾に通うべきか、令和の中学受験の常識、合格する親子の習慣(「やる気」に頼らず勉強を習慣化)、残り5分で最後の力を振り絞る練習、緊張のコントロール方法、塾とのうまい付き合い方などなど役立つ情報がまとまっていました。他の方の感想(レビュー)もなかなか好評で私も購入。目次が本の概要になっているので目次で簡単に見返すこともできます。(Amazonでも目次が見れます!)
おすすめの一冊です。

タイトルとURLをコピーしました