当サイトのリンクには広告が含まれています。

子どもが伸びる褒め方は?中学受験での親のサポート

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験は、お子さんにとって大きなチャレンジです。そのため、お子さんが勉強に頑張っている姿を見たときに、保護者として褒めたいと思うのは自然なことです。

しかし、褒め方によっては、お子さんのやる気を下げてしまうこともあります。そこで、保護者が中学受験をする子どもを褒める時のコツをご紹介します。

スポンサーリンク

具体的な成果を褒める

「よく頑張ったね」「えらいね」といった、抽象的な褒め言葉は、お子さんにとってあまり意味がありません。お子さんが頑張ったことや、成果を具体的に褒めましょう。

たとえば、「漢字のテストで100点取ったね!よく頑張ったね!」や、「算数の計算問題を10問連続で正解したね!すごいね!」といったように、具体的な数字や成果を挙げて褒めましょう。

努力や継続を褒める

お子さんの努力や継続を褒めることも大切です。勉強は、すぐに結果が出るものではありません。そのため、お子さんが勉強を続けている姿を褒めてあげましょう。

たとえば、「毎日コツコツ勉強しているね!すごいね!」や、「わからないところを調べて理解しようとしているね!よく頑張っているね!」といったように、努力や継続を褒めましょう。

比較しない

お子さんの成果を、他の子と比較して褒めるのは避けましょう。比較することで、お子さんは劣等感を感じたり、自信を失ったりしてしまう可能性があります。

お子さんは、自分なりのペースで、自分なりの努力をしています。その努力を認めてあげましょう。

期待を込めて褒める

お子さんの将来や可能性を信じて、期待を込めて褒めましょう。お子さんは、保護者の期待に応えたいという気持ちがあります。

たとえば、「もっと勉強を頑張って、志望校に合格しようね!」や、「将来は、こんな大人になってほしいな!」といったように、期待を込めて褒めましょう。

タイミングよく褒める

お子さんが頑張っている姿を見たときに、すぐに褒めましょう。お子さんが頑張っていることを、すぐに認めてあげることで、やる気を維持することができます。

また、お子さんが難しい課題を乗り越えたときや、目標を達成したときにも、褒めてあげましょう。

まとめ

中学受験をする子どもを褒めるときは、以下のポイントを押さえましょう。

  • 具体的な成果を褒める
  • 努力や継続を褒める
  • 比較しない
  • 期待を込めて褒める
  • タイミングよく褒める

これらのポイントを押さえて、お子さんのやる気を伸ばす褒め方を心がけましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました