当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験と高校受験の偏差値の差はどれくらい?なぜ違う?

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験と高校受験の偏差値の違いは大きく分けて3つあります。

スポンサーリンク

母集団の違い

1つ目の違いは、母集団の違いです。中学受験は、受験に向けてしっかり勉強している子どもだけが母集団を形成するため、偏差値が低くなります。一方、高校受験は、ほとんどの中3の生徒が受験するため、偏差値が高くなります。

試験の違い

2つ目の違いは、試験の違いです。中学受験では、国語、算数、理科、社会の4教科で受験する学校が多く、高校受験では、国語、数学、英語の3教科で受験する学校が多くなっています。そのため、中学受験の偏差値は、高校受験の偏差値よりも、国語と社会の比率が高い傾向にあります。

どれくらい偏差値が違う?

具体的には、中学受験の偏差値50は、高校受験の偏差値で65〜70に相当すると言われています。つまり、中学受験で偏差値50の学校に合格した生徒は、高校受験で偏差値65〜70の学校に合格する可能性が高いということです。

まとめ

もちろん、偏差値はあくまでも目安であり、実際の合格ラインは、学校や年度によって異なるため、注意が必要です。また、偏差値はあくまでも学力レベルの指標であり、合否を決定する唯一の基準ではありません。

志望校を決める際には、偏差値だけでなく、学校の教育方針やカリキュラム、雰囲気などを総合的に判断することが大切です。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました