当サイトのリンクには広告が含まれています。

【中学受験 算数】三角形の角度のルール

スポンサーリンク
超解説算数
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

大人からしたら当たり前の事でも、子どもからすると初めて見聞きする世界。感情的にならず、丁寧に教えることを心がけたいと思います。

中学受験に出る 問題解説記事一覧
中学受験をするにあたり、キーポイントとなりそうな単元や、子どもが躓いたところなどをできる限り図解を用いて記事を書いています。
スポンサーリンク

Q.それぞれの三角形の頂点A・B・Cの角度を求めなさい

算数を解くにはコツがあります。中学受験は「算数で決まる」と言われています。
それぞれの単元の典型題とその解説、子どもの手が止まりがちな「つまずきポイント」を掲載しています。悩まれている方、必見です!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

A.解答

解答のコツ

三角形の内角(角度)の和は180°

1の三角形

すべての辺の長さが同じです。ということはこの三角形は正三角形です。つまり角度もすべて同じです。

180÷3=60

答えは、頂点ABC全て60°です。

2の三角形

2つの辺の長さが同じです。つまりこの三角形は二等辺三角形です。二等辺三角形は、2つの頂点が同じ角度になります。ここでは頂点BCです。頂点Aは30°なので残りを半分ずつに割ればOKです。

180-30=150
150÷2=75

答えは、A=30°、B=75°、C=75°です。

おまけ

よく学校の授業などで使用される三角形としては、直角二等辺三角形と、直角三角形です。

直角二等辺三角形は、名前の通り直角と2二つの辺の長さが同じものからできているので、角度は90°、45°、45°と決まっています

直角三角形は、直角が1つあり、よく使用されるのは30°と60°の角度です。(余談ですが、この三角形の場合は、一番短い辺の長さの2倍が斜めの辺の長さと同じになります)

算数を解くにはコツがあります。中学受験は「算数で決まる」と言われています。
それぞれの単元の典型題とその解説、子どもの手が止まりがちな「つまずきポイント」を掲載しています。悩まれている方、必見です!

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました