当サイトのリンクには広告が含まれています。

中学受験、6年の1月・2月にどれくらい学校を休んで平気?

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約2分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

中学受験を控えた小学6年生にとって、1月と2月は勝負の時期です。しかし、学校を休んで勉強に集中すべきか、学校生活も大切にしてバランスを取るか、悩むご家庭も多いでしょう。

そこで今回は、中学受験における1月と2月の学校欠席について解説します。

スポンサーリンク

欠席の目安と傾向

中学受験における1月と2月の欠席日数は、明確な決まりはありません。家庭やお子様の状況によって異なりますが、一般的には以下のような傾向があります。

  • 1月: 1週間~2週間程度
  • 2月: 入試日数+α

2月は入試日程に合わせて休むのが一般的です。1月は、体調管理や過去問演習などのため、数週間程度休む家庭も多いようです。

休むメリットとデメリット

学校を休むことには、以下のようなメリットとデメリットがあります。

メリット

  • 集中して勉強できる時間が増える
  • 体調管理がしやすくなる
  • 過去問演習や面接対策など、入試に向けて準備を進められる

デメリット

  • 友達や先生との交流が減る
  • 学校生活のリズムが崩れる
  • 授業内容の遅れを取り戻す必要がある

小学校との連携

小学校を休む場合は、事前に担任の先生に相談し、理解を得ることが大切です。欠席期間中の学習フォローについても相談しましょう。

休んだ分の学習フォロー

学校を休んだ分の学習は、自宅学習でフォローする必要があります。塾に通っている場合は、塾のカリキュラムに加えて、学校で習った内容も復習しましょう。

まとめ

中学受験における1月と2月の学校欠席は、小学校や、ご家庭・お子様の状況に合わせて判断する必要があります。メリットとデメリットを理解した上で、学校と連携しながら、適切な学習計画を立てましょう。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました