当サイトのリンクには広告が含まれています。

東京都にある私立中学校、男子校御三家とは何?

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

今回は、中学受験の東京の男子の御三家について、解説したいと思います。

御三家とは?

御三家とは、一般的にある分野において、トップクラスの3つの学校を指す言葉です。中学受験の御三家は、東京の男子校を対象とした言葉で、開成、麻布、武蔵の3校を指します。

開成中学校

開成中学校の特徴

開成中学校は、東京都荒川区にある男子校です。1871年に創立され、150年以上の歴史を誇る名門校です。開成中学校の特徴は、以下の3つです。

  • 学力の高さ

開成中学校は、東京大学合格者数トップを誇る学校です。生徒一人ひとりの学力を伸ばすことを重視しており、授業は難易度が高く、生徒は授業に集中して取り組んでいます。

  • 自由な校風

開成中学校は、生徒の自主性を重んじる校風です。生徒は、部活動や課外活動など、さまざまなことに積極的に取り組んでいます。

  • 伝統と革新の融合

開成中学校は、伝統ある学校でありながら、常に新しいことに挑戦しています。近年では、新校舎の建設や、ICT教育の導入など、さまざまな改革を進めています。

開成中学校は、学力の高さ、自由な校風、伝統と革新の融合という3つの特徴を兼ね備えた、国内屈指の名門校です。

麻布中学校

麻布中学校の特徴

東京・港区にある麻布中学校は、自由闊達な校風で知られる男子校です。制服がなく、校則もほとんどありません。生徒は自分で考え、判断し、行動することが求められます。

そのため、生徒は自主性、自立心、判断力、行動力などの力を身につけることができます。また、自由な環境の中で、個性を伸ばすことができます。

麻布中学校は、東大をはじめとする難関大学への進学率が高いことでも知られています。6年間のカリキュラムは、生徒の思考力や表現力を育む内容となっています。

武蔵中学校

武蔵中学校の特徴

制服や校則はなく、生徒は自分の意思で行動することが求められます。

そのため、生徒たちは自ら学び、自ら考え、自ら行動する力を養っていきます。また、自然豊かなキャンパスで、さまざまな体験を通して、人間性を育むことにも力を入れています。

武蔵中学校は、自由な校風の中で、自律心を育み、グローバル社会で活躍できる人材を育成する学校です。

ポイント

  • 自由な校風
  • 自律心を育む
  • グローバル社会で活躍できる人材を育成

御三家の特徴

東京の男子の御三家は、いずれも偏差値が70を超える難関校です。そのため、入学するためには、中学受験において高い学力を身につける必要があります。

また、御三家は、いずれも自由な校風を特徴としています。生徒の自主性を尊重し、個性を伸ばすことを重視しています。そのため、自分の考えや意見を自由に発言できる環境で、主体的に学びたい人に向いていると言えるでしょう。

御三家の入試対策

御三家に合格するためには、中学受験において高い学力を身につける必要があります。具体的には、以下の3つのポイントを押さえましょう。

  • 基礎学力を固める
  • 応用力を鍛える
  • 実戦力を養う

また、御三家は、いずれも自由な校風を特徴としています。そのため、自分の考えや意見を自由に発言できる力を身につけることも大切です。

御三家を目指す場合は、早いうちから入試対策を始め、しっかりと準備をしておきましょう。

まとめ

東京の男子の御三家は、いずれも偏差値が70を超える難関校です。自由な校風を特徴としており、自分の考えや意見を自由に発言できる力を身につけた人に向いていると言えるでしょう。御三家に合格するためには、中学受験において高い学力を身につけることが大切です。

お読みいただきありがとうございました!
最後に、

タイトルとURLをコピーしました