当サイトのリンクには広告が含まれています。

受験前に食べると良い勝負メシ・受験メシは?力を発揮する食事

スポンサーリンク
中学受験調査
この記事は約3分で読めます。

こんにちは!スマホパパ(@plus30blog)です。

現在、中学受験生の子どもと日々奮闘中!
両親共に中学受験経験者。自身の経験を活かしつつ、令和の中学受験に対応するため、積極的に情報収集や経験してわかったことを書いています。
そのおかげか、子どもは『勉強嫌い』から『勉強好き』に変わりました

大切な受験の日は、万全の体調で迎えたいですよね。受験前日の晩御飯は、受験当日に備えて、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

おすすめのメニュー

鍋物

鍋物は、野菜や肉、魚などを一度に食べられるうえに、柔らかく煮ているので消化がいいです。疲労回復にも効果的です。

例えば、豚バラ肉、鶏肉、鮭、エビ、野菜(キャベツ、白菜、きのこ、もやしなど)を用意し、お好みの鍋つゆで煮込むと、栄養バランスの良い鍋物になります。

また、鍋物を食べる際は、よく噛んで食べるようにしましょう。よく噛んで食べることで、消化を助け、栄養素を効率よく吸収することができます。

豚のしょうが焼き

豚肉にはビタミンB1が豊富に含まれており、疲労回復に効果的です。しょうがには血行促進や消化促進の効果があります。

豚肉は、脂身が少ない赤身肉を選ぶと、脂っこくなりにくくおすすめです。また、しょうがは、すりおろしたり刻んだりしておきましょう。

煮込みうどん

うどんは消化が良く、腹持ちが良いのが特徴です。煮込みうどんは、野菜や肉、魚なども一緒に食べられるので、栄養バランスもばっちりです。

例えば、豚肉、鶏肉、鮭、野菜(キャベツ、玉ねぎ、きのこなど)を用意し、だし汁で煮込んでうどんを加えると、栄養バランスの良い煮込みうどんになります。

また、煮込みうどんを作る際は、うどんを茹で過ぎないように注意しましょう。うどんを茹で過ぎると、消化が悪くなります。

NGな食べ物

脂っこいもの

脂っこいものは、消化に悪く、胃もたれや胸やけなどの原因になります。

例えば、揚げ物、ステーキ、ラーメンなどが挙げられます。

生もの

生ものは、食中毒のリスクがあります。

例えば、刺身、寿司、生卵などが挙げられます。

刺激の強いもの

刺激の強いものは、胃腸に負担をかけます。

例えば、香辛料の強いカレー、唐辛子、ニンニクなどが挙げられます。

食事の量

受験当日は、朝早く起きて、長時間の試験に臨むことになります。そのため、前日の晩御飯は、食べ過ぎないようにしましょう。

また、お腹が空いた場合は、夜遅い時間ではなく、早めに夕食を済ませておきましょう。

受験生の皆さんが、受験当日に万全の体調で臨めるよう、栄養バランスの良い食事を心がけましょう。

その他、注意したい点

食事は、リラックスした状態で食べましょう。

緊張した状態で食事をすると、消化が悪くなります。

食後は、ゆっくりと休みましょう。

食後は、体を休ませることで、消化を促進することができます。

入浴は、食後2時間以上空けてからしましょう。

食後すぐに入浴すると、血行が良くなり、消化が悪くなります。

まとめ

これらの点を参考に、受験前日の晩御飯を準備してみてください。

タイトルとURLをコピーしました